スポンサーサイト

2014.11.10 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    C型肝炎治療「インターフェロン単独による治療」

    2014.10.29 Wednesday

    0
      C型肝炎治療「インターフェロン単独による治療」
       
      何度も話してきていますが、C型慢性肝炎の最終的な治療目的はウイルスを除去して肝硬変の進展や肝癌の発生を抑えることにあります。そして、その中心的治療となるのが抗ウイルス薬のインターフェロンを使用した治療になるのです。
       
       インターフェロンは1992年に保険適用が認められ、多くの患者さんへの治療として使われてきました。そしてウイルスの遺伝子型と効果の関係もわかってきたのです。 日本で感染が認められているC型肝炎ウイルスのジェノタイプは1b70%)、2a20%)、2b10%)になりますが、インターフェロンが最も効果をあらわすのはジェノタイプ2aのウイルスの患者さんになります。この場合、6ヶ月のインターフェロン単独治療で7割ほどの患者さん体内のウイルスが排除されますが、日本でも最も多い1b場合は6ヶ月のインターフェロン単独治療を行っても2割ほどしかウイルスを排除できないのです。また2bの場合は4.5割でウイルスが排除される事がわかっています。
       
      ジェノタイプ1bの患者さんをインターフェロン単独治療後に治療効果を調べたところ、C型肝炎ウイルス遺伝子のNS5A部分の異変量がインターフェロンの効果と大きくかかわっていることもわかりました。この部分の異変がないウイルスではわずか7.7%方のウイルスが排除されただけでしたが、異変が多ければ多いほどウイルスが排除される率が高いことがわかっています。 現在ではインターフェロン治療を始める前に、ウイルスの遺伝子の変異を調べることで、どの程度の効果があるか知ることができるのです。
       


      乳癌情報館オフィシャル
      http://nyugan-jyouhou.com/
       
      乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/nyugannews
       
      肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/kanzougan
       
      胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
       
      子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/sikyugan.news
       
      肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/haigan.news
       
      前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/zenritusen.news
       
      大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/daityougan
       
      膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
      https://www.facebook.com/suizougan.news

       

      B型肝炎の治療

      2014.09.22 Monday

      0
        B型肝炎の治療
         
        ・セロコンバージョン
         B型肝炎ウイルスのウイルスマーカーとして、HBe抗原、HBe抗体があります。 血液をしらべHBe抗原があり、HBe抗体が無いときは、免疫反応は起こらず、肝臓のなかでB型肝炎ウイルスが盛んに増殖していることを示しています。 その免疫反応が動き始めると、徐々にHBe抗原が下がり始めます。 やがてHBe抗原が陰性になると、HBe抗体が現れ増加し陽性になります。 このHBe抗原が陰性となり、HBe抗体が陽性になる現象をセロコンバージョンといいます。 この免疫反応が始まってセロコンバージョンにいたるまでの期間を一般的には、慢性肝炎といわれる状態です。
         セロコンバージョンに至ると肝炎は収まりますので、セロコンバージョンは肝炎治療の大きな目標となります。 たとえHBe抗原が陰性となってもHBs抗原は陽性のままであることが大半で、ウイルス量が少なく、他者に感染しにくい状態というだけで、B型肝炎ウイルスが完全に排除されたわけではありません。 HBs抗原が陰性で、HBs抗体が陽性になって、ウイルスが排除されB型肝炎が治癒したと判断されます(臨床的)
         
        ・B型慢性肝炎の治療
         B型肝炎ウイルスキャリアの一部の人が慢性肝炎を発症しますが、自然経過の中でB型慢性肝炎を起こした人にお年率10〜12%にHBe抗原の陰性化が生じ、また年率5〜6%にセロコンバージョンが生じ、ほとんどの人で肝炎が沈静化していきます。
         セロコンバージョンはB型肝炎の完治ではないとしても、セロコンバージョンがB型慢性肝炎治療の大きな目標となっています。肝炎が収まっても肝機能が正常に保たれていれば、慢性肝炎から肝硬変や肝癌の発生を抑えることができます。 セロコンバージョンが生じない場合は病変が進行し、肝硬変の移行、肝癌の発症可能性が高くなります。 そこで、B型肝炎ウイルスの持続感染があり、思春期以降ALT値に以上が認められる場合は、インターフェロンや核酸アナログ製剤などの抗ウイルス薬で肝炎を治療することになります。
         一般的にインターフェロンは、年齢が35歳程度の方で肝臓の線維化が軽度の人が対象になります。(F1) 35歳以上でも肝臓の線維化が中程度以上(F2)で比較的肝炎が進行している人では、核酸アナログ製剤が第一選択になります。 2011年からはB型慢性肝炎にペグインターフェロンが保険で使えるようになり、核酸アナログ製剤でウイルスを減らし継続してペグインターフェロンを使用する治療ができるようになっています。



         
        乳癌情報館オフィシャル
        http://nyugan-jyouhou.com/
         
        乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/nyugannews
         
        肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/kanzougan
         
        胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
         
        子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/sikyugan.news
         
        肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/haigan.news
         
        前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/zenritusen.news
         
        大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/daityougan
         
        膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
        https://www.facebook.com/suizougan.news

        肝炎の治療

        2014.09.10 Wednesday

        0
          肝炎の治療
           
           肝炎の多くは肝炎ウイルスによるものです。 そこで慢性肝炎の治療はウイルスの除去が第一目標となります。 その為に用いられるのが抗ウイルス薬や免疫調整薬です。
           抗ウイルス薬はウイルス増殖を直接抑え込む薬でインターフェロンや核酸アナログ製剤などがあります。
           免疫調整薬は、体が持っている免疫反応を増殖してウイルスを排除しようとする薬です。
           一方、肝臓の炎症を抑え、肝機能を正常に近づけて、肝臓の線維化を防ぎ、肝硬変や肝癌への進行を抑えるために使われるのが肝庇護薬です。抗ウイルス薬が功を奏さない肝炎で利用されるほか、抗ウイルス薬と併用することもあります。
           また肝臓に鉄が蓄積すると炎症が悪化することが知られていますが、蓄積した鉄を減らす目的で定期的な採血を行うことがあります。
           急性肝炎では入院して安静を保てば、多くの場合自然治癒します。以前では、慢性肝炎も安静が第一に言われていましたが、安静による運動不足が病気を悪化させる為、現在は無理のない範囲で普通の生活を心がける事が推薦されています。


          乳癌情報館オフィシャル
          http://nyugan-jyouhou.com/
           
          乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/nyugannews
           
          肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/kanzougan
           
          胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
           
          子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/sikyugan.news
           
          肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/haigan.news
           
          前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/zenritusen.news
           
          大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/daityougan
           
          膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
          https://www.facebook.com/suizougan.news
           

          肝癌

          2014.07.29 Tuesday

          0
            肝癌
             
            肝臓に出来る癌は大きく二つに分ける事が出来ます。 肝臓に発生した「原発性肝癌」と墓の臓器に発生した癌が肝臓に転移した「転移性肝癌」です。 肝臓には沢山の血液が流れ込みます。様々な場所に出来た癌が、血液を介して肝臓に流れてくる為、癌の転移が多くみられます。その為発生頻度としては、原発性肝癌より転移性肝癌のほうが多くなります。
             原発性肝癌は肝細胞そのものから発生する肝細胞癌と胆管上皮細胞に発生する胆管細胞癌のほぼ2種類に限らます。 日本では肝細胞癌が90%以上を占める為、肝癌と言えば肝細胞癌と考えられます。
             
            肝癌の原因
             日本では肝細胞癌の90〜95%はB型・C型肝炎ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変から発生しています。B型肝炎ウイルスを持つ人はウイルスを持たない人に比べて150〜200倍も肝癌になりやすく、C型肝炎ウイルスを持つ人では、又ない人に比べて約800倍も肝癌になりやすいデータもあります。 C型肝炎ウイルス感染者では、ほとんどが進行した慢性肝炎や肝硬変から肝癌に移行します。 さらに血液検査でALT(GPT)の値が高い人に、肝癌の発生が多い事がわかっています。
            B型肝炎ウイルスでは慢性肝炎や肝硬変からも癌が発生するだけではなく、肝機能に大きな異常はなく無症状性キャリアといっていいような人からでも肝癌が発生する事があり、B型肝炎ウイルスそのものに肝癌を発生させるメカニズムがあるのではないかと?とも考えられています。
             
            肝癌の特徴
             喫煙は肺癌のリスクを高めるとされますが、それでも喫煙者の肺癌になるリスクは非喫煙者の2倍もありません。 一般に多くの癌では癌になりやすい人を高い確率で特定することは出来ません。しかし肝癌に関しての原因はB型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスで肝癌予備軍を特定する事が出来ます。さらに肝癌の特徴として、再発率の高さがあります。肝癌の最大の原因である、B型、C型肝炎ウイルスに感染した肝臓は、どこがいつ癌になってもおかしくない状況になっている為と考えられます。 肝癌の治療後1年後の再発率は20%になります。治療によって癌を死滅させても肝臓の他の場所で何度でも再発するのです。そして再発を繰り返していくと、再発までの期間が短くなります。再発を抑えるために薬に研究や、開発が盛んに行われていますが、残念ながら有力なものがないのが現状なのです。 肝癌は骨や肺そして脳に転移しますが、他の部位の癌に比べて転移しにくいのも肝癌の特徴と言えます。
            • 肝癌が再発を繰り返すと悪性度が高くなり、転移しやすくなっていきます。
             
            画像の※
            ※1 現行の健康保険では、腫瘍マーカーは、毎月1種類しか測定できない
            ※2 AFP-L3分画は、肝細胞癌の病名がついていないと測定できない。
            ※3 AFPが10ng/ml以下の場合、AFP-L3分画は測定できない
            ※4 機能障害がある場合、ヨード造影剤アレルギーが疑われる場合、dynamicMRIが推奨される。
            ※5 定期的なCT/MRI検査として
            ※6 動脈相で高吸収域として描出され、静脈相で相対的に低吸収域となるもの。
            ※7 胆管細胞癌や転移性肝癌など他の悪性腫瘍が疑われる場合は、各々の精査に進む
             
            乳癌情報館オフィシャル
            http://nyugan-jyouhou.com/
             
            乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/nyugannews
             
            肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/kanzougan
             
            胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
             
            子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/sikyugan.news
             
            肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/haigan.news
             
            前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/zenritusen.news
             
            大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/daityougan
             
            膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
            https://www.facebook.com/suizougan.news

            肝硬変

            2014.07.28 Monday

            0
              肝硬変
               
              肝臓の細胞は強い再生能力がある為、破壊されても自ら修正してその機能を取り戻すことが出来ます。 慢性肝炎などで破壊と再生を繰り返していると、懐死して欠落した肝細胞の後を埋めるように線維化した組織がふえ、残った肝細胞や再生した肝細胞を取り込むように再生結節と呼ばれる構造が出来ています。 その結果肝臓は硬く小さくなり、肝機能も低下します。 肝臓の組織のほとんどが、この再生結節に置き換わってしまった状態が肝硬変です。慢性肝炎は治療をせずにそのままにすると、この肝硬変に移行します。その為。肝硬変は慢性肝炎の終末像だともいわれます。
               
              代償性肝硬変と非代償性肝硬変
               肝臓は余力をもって機能しているので、初期の肝硬変では症状がほとんどないか、あってもそれほど明確ではありません。このような時期を代償性肝硬変と言います。 これに対し、肝硬変が進むと肝臓の余力をもってしても正常な働きが維持する事が出来ず、黄疸や腹水、肝性脳症、食道静脈瘤など様々な症状が現れるようになります。こうなった肝硬変を非代償性肝硬変といい、その後は肝不全を起こします。 肝硬変を起こした肝臓は元に戻りません。
               
              肝硬変の三大合併症
               肝硬変では様々な合併症が起き、その結果命を落とす事になります。 そのなかで特に頻度が高く命に直接かかわるのが、食道静脈瘤、肝不全、肝癌の3つで肝硬変の三大合併症と言われています。
               
              肝硬変の原因
               一般的にお酒の飲み過ぎが肝臓を悪くすると思われていますが、肝硬変を起こす原因として最も多いのは「肝炎ウイルス感染」でおよそ70%がC型肝炎のウイルス感染、15%程がB型肝炎ウイルス感染によります。アルコールが原因で肝硬変になるのは10%ほどとされ、その他には、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化胆管炎、胆汁うっ滞、自己免疫性肝炎などからも肝硬変となる事があります。


               
              乳癌情報館オフィシャル
              http://nyugan-jyouhou.com/
               
              乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/nyugannews
               
              肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/kanzougan
               
              胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
               
              子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/sikyugan.news
               
              肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/haigan.news
               
              前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/zenritusen.news
               
              大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/daityougan
               
              膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
              https://www.facebook.com/suizougan.news

              アルコール性肝障害

              2014.07.24 Thursday

              0
                アルコール性肝障害
                 
                 アルコール肝障害は、飲酒を常習的に続けることで起きる病気で、ほとんど症状が見られないアルコール性脂肪肝、肝炎症状が現れるアルコール性肝炎、アルコール性肝線維症、アルコール性肝硬変と様々な病期があります。
                 
                ・アルコールの代謝
                 飲酒により体内に入ったアルコールは、肝臓でアルコール脱水素酸素の働きによって、人体に有害なアセトアルデヒドになります。 そのアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酸素により酸化されて酢酸となり、酢酸は最終的に水と炭酸ガスとなり体外に排出されます。
                 
                ・アルコール性脂肪肝
                 アルコールは肝臓で代謝されて無害化されますか、過剰にアルコールを摂取するとその代謝によって脂質の代謝が後回しになり、中性脂肪として肝臓に蓄積されます。またアルコールから脂質が作られるため、さらに中性脂肪が肝臓に蓄積していくことになります。
                 こうしてアルコール摂取によって過度の中性脂肪が肝臓に蓄積した状態がアルコール性脂肪肝です。 
                 
                ・アルコール性肝線維症
                 アルコール代謝の過程でできるアセトアルデヒドは体にとって強い毒性を持ちます。 その毒性による影響や肝臓に蓄積した中性脂肪が原因となり、肝臓の組織が線維化してくる状態がアルコール性肝線維症です。
                 
                ・アルコール性肝炎
                 常習的な飲酒や過剰な飲酒をすることで発生する急性肝障害ですが、アルコールの摂取によって肝細胞中に脂肪がたまって膨化し、好中球によって炎症が起き肝細胞は壊死、破壊されてきます。その結果発熱や黄疸などウイルス性急性肝炎と同じ様な症状が出ます。肝性脳症や肺炎、急性腎不全、消化菅出血など合併症があるものを重症型アルコール性肝炎といい、多くは1ヶ月以内に死亡します。
                 
                ・アルコール性肝硬変
                 肝臓の線維化が進んで硬化し、肝機能が低くなった状態です。 1日の飲酒量が日本酒換算で3合以上を5年以上続けると。アルコール性肝硬変を起こすリスクがある事が解っています。 さらに日本酒換算で1日5合以上10年以上続けるとさらに肝硬変のリスクが高くなります。 ウイルス性肝硬変と同様に黄疸や肝性脳症、食道静脈瘤破裂など伴うことも多く、肝癌が合併する事があります。



                 
                 
                乳癌情報館オフィシャル
                http://nyugan-jyouhou.com/
                 
                乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/nyugannews
                 
                肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/kanzougan
                 
                胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
                 
                子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/sikyugan.news
                 
                肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/haigan.news
                 
                前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/zenritusen.news
                 
                大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/daityougan
                 
                膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                https://www.facebook.com/suizougan.news

                C型肝炎の特徴と症状

                2014.07.09 Wednesday

                0
                  C型肝炎の特徴と症状
                   
                   C型肝炎ウイルスが感染する事によって免疫機能などによる炎症反応で肝組織が懐死してしまう疾患です。 日本ではウイルス性肝炎の中で最も多いのがこのC型肝炎で、急性肝炎の約20%、慢性肝炎の約70%がC型肝炎によるものと見られています。
                   
                   C型肝炎ウイルスは血液によって感染します。 輸血や血液製剤の投与、不適切に消毒された器具での医療行為、医療現場での針刺し事故、ピアス、タトゥーなどがその原因になっていましたが、現在では輸血、血液製剤、医療行為での感染は、感染防止の取り組みでほぼなくなり、新しくC型肝炎感染者はゼロに近くなってきています。 また性行為での感染はまれとされています。
                   
                   C型肝炎ウイルスに感染すると、214週間の潜伏期間の後に急性肝炎を起こし、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐などの症状がみられます。 A型・B型肝炎ウイルスによる急性肝炎に比べ症状は軽く、多くの人では自覚症状もありません。急性肝炎の症状に続いて黄疸が認められることもありますが、一般にその症状は軽く、劇症化することは多くありません。 このように肝炎の症状が軽いということは激しい免疫反応が起きていないことの表れでウイルスが体内から排除されないまま急性肝炎がおさまり、キャリアとなって慢性肝炎を起こす下準備がされたと言う事なのです。
                   
                  急性肝炎を発症後、2040%の割合でウイルスが消え肝機能も正常に戻りますが、6080%の方々はキャリアとなって、その多くの人は慢性肝炎と移行します。 肝硬変、肝がんと進行するのがC型肝炎の恐ろしいところで、慢性肝炎から20年ほど経過すると、3040%の人が肝硬変に進展し、その後は高確率で肝がんへと移行していきます。 このようにC型肝炎は、あまり激しい症状が出ないまま、病気が進行し、気が付いたら肝硬変、肝がんになっていたと言う事があります。このことからC型肝炎は「サイレントキラー」と呼ばれているのです。
                   


                  乳癌情報館オフィシャル
                  http://nyugan-jyouhou.com/
                   
                  乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/nyugannews
                   
                  肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/kanzougan
                   
                  胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
                   
                  子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/sikyugan.news
                   
                  肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/haigan.news
                   
                  前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/zenritusen.news
                   
                  大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/daityougan
                   
                  膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                  https://www.facebook.com/suizougan.news

                  B型肝炎の特徴と症状

                  2014.07.02 Wednesday

                  0

                    B型肝炎の特徴と症状

                     

                     B型肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染します。 感染は2通りあります。

                    ・垂直感染

                    母親の胎内、出産時の産道出血によってB型肝炎ウイルスに感染するのです。 母子感染を含めた3歳以下の免疫が未発達の時期の感染では、肝炎を起こすことはなく、ほとんどが無症候性キャリアになります。 このうちの90%の人は成人になってから肝炎をお越し、その後、肝炎沈静期へと移行し、無症候性キャリアとして一生を送ります。 しかし10%の方々は成人になってB型慢性肝炎を発症し、肝硬変や肝癌へ移行する可能性があります。

                     現在の日本ではB型肝炎母子感染防止対策により、出産時の感染が抑えられ現在の20歳以下の人にはB型肝炎ウイルスキャリアの人は、ほぼ見られません。 

                     

                    ・水平感染

                     B型肝炎ウイルスキャリアの血液が感染源となって、B型肝炎ウイルスの感染する事があります。 以前は、輸血によって感染する事が多かったのですが、現在の輸血で感染することは、ほぼありません。 成人後のB型肝炎ウイルスは性行為によって感染するのが大多数で、血液中のウイルス量が極めて多く、精子や膣分泌液の中などにも存在しています。 成人になって感染した場合、ほとんど急性肝炎を起こします。感染後、26ヶ月の潜伏期間があり、その後、発熱、倦怠感や黄疸など肝炎を示す症状が現れますが、多くはキャリアにならず、ウイルスの存在を示すHBs抗原は陰性になります。 一部の方は劇症肝炎に移行する事もあります。

                     

                     B型肝炎のウイルスは、遺伝子の違いからA,B,C,D,E,F,G,H8種類のタイプがあることがわかっています。日本ではB,Cタイプの感染者がほとんどでした。 ウイルスのタイプによって病気の進行も違います。 タイプBでは肝硬変や肝癌に移行する人は少なく、キャリアでいる期間が長かった高齢者の多くの人は一生無症候性キャリアとして過ごします。 タイプCでは3050代に多く、肝硬変や肝癌になる例が多く見られます。

                    ですので、B型肝炎ウイルスとわかったら、タイプを調べることが大切になるのです。

                     

                     B型肝炎ウイルス Aタイプ

                    日本国内で多かったB,Cタイプですが、近年、アメリカで感染が多いAタイプのウイルス感染が増えてきています。 このタイプの特徴としては、感染したウイルスが体内から排除されず、成人で感染してもキャリアになったり、慢性肝炎になることが多いと言われています。 感染後に急性肝炎を発症すると経過が長くなり、劇症肝炎に移行することもあります。 体内にウイルスが残っている期間が長いため、その間に性行為などによって感染することも多くあるのです。


                     

                    乳癌情報館オフィシャル
                    http://nyugan-jyouhou.com/
                     
                    乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/nyugannews
                     
                    肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/kanzougan
                     
                    胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
                     
                    子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/sikyugan.news
                     
                    肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/haigan.news
                     
                    前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/zenritusen.news
                     
                    大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/daityougan
                     
                    膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                    https://www.facebook.com/suizougan.news

                    A型肝炎の特徴と症状

                    2014.06.12 Thursday

                    0
                      A型肝炎は生水や生の魚介類、果物等を食べることで感染することが多いウイルス性肝炎です。 また感染から発病の初期にはウイルスが排出される為、家庭内や施設内での二次感染が多いのも特徴です。日本国での急性肝炎では、ウイルス性肝炎の中で40%を占めていて最多の発生率になります。
                       
                       典型的な症状としては感染から2〜7週間ほどの滞伏期間のあと、発熱や倦怠感など風邪と思うような症状が出るのに続き、吐き気や食欲不振など、消化器症状がでて、肝機能が低下し黄疸が見られます。 
                       
                       殆どの場合は急性肝炎で、1〜2ヶ月ほどでウイルスは消えて症状が回復します。予後は良好で慢性肝炎に移行する事は少なく、小児期に感染すると比較的軽症で自然治癒するのですが、40歳以降の人が感染するとしばしば重症となり、まれに劇症肝炎を起こし、腎不全を合併する場合があります。
                       
                       A型肝炎ウイルスに一度感染すると、免疫が成立します。 
                      しかしながら、現在の日本国では衛生環境が整っていることもあり、小児期に感染することが減り、若年者を中心に抗体を持っている人の割合が低下しています。
                       
                       

                      乳癌情報館オフィシャル
                      http://nyugan-jyouhou.com/
                       
                      乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/nyugannews
                       
                      肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/kanzougan
                       
                      胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
                       
                      子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/sikyugan.news
                       
                      肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/haigan.news
                       
                      前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/zenritusen.news
                       
                      大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/daityougan
                       
                      膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                      https://www.facebook.com/suizougan.news
                       

                      ウイルス性肝炎の症状と種類

                      2014.06.04 Wednesday

                      0
                        ウイルス性肝炎の症状と種類 JUGEMブログ用
                         
                         肝臓の細胞にウイルスが感染すると、生体はウイルスを排除しようと免疫機能を使い肝細胞ごと破壊します。 この時の炎症がウイルス性肝炎になります。
                         主な肝炎ウイルスにはA,B,C,D,E型の5種類があります。 肝炎はその病態によって慢性肝炎、急性肝炎、劇症肝炎にわけられますが、B型,C型肝炎ウイルスでは慢性肝炎。A型,B型,E型肝炎ウイルスでは急性肝炎によるものが多いといえます。 劇症肝炎は急性肝炎の症状が急激に悪化するもので、発症から8週間以内に脳性など強い肝機能障害をお越し、致死率は7割ほどになります。 急性肝炎は、発熱や倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があります。
                         
                         急性肝炎の多くは自然経過で治療することが多いのですが、慢性肝炎では長期間の肝臓の炎症により肝臓組織が線維化し肝硬変や肝癌に至ることがあるのです。特に慢性肝炎の原因となることが多い、B型,C型肝炎ウイルスの感染予防と治療は非常に重要になるのです。 肝炎ウイルスは種類によって経口感染するものと、血液によって感染するものがあります。
                         


                        乳癌情報館オフィシャル
                        http://nyugan-jyouhou.com/
                         
                        乳癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/nyugannews
                         
                        肝臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/kanzougan
                         
                        胃癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/iganjyouhoukan
                         
                        子宮癌(頸癌)情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/sikyugan.news
                         
                        肺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/haigan.news
                         
                        前立腺癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/zenritusen.news
                         
                        大腸癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/daityougan
                         
                        膵臓癌情報館オフィシャルフェイスブック
                        https://www.facebook.com/suizougan.news